〜 クロスカントリー 〜

■ 木崎湖フライトパークの魅力

広域エリア紹介
 雄大な北アルプスを背に安曇野が一望できる木崎湖フライトパークは、TOが3ヶ所あり、高度差は約500m。クロスカントリーフライトのポテンシャルは高く、北アルプスの麓の爺ヶ岳スキー場上空や、白沢天狗岳(2036m)など山岳フライトの醍醐味を味わうことができる。湖を眼下にテイクオフする様は、ヨーロッパのアヌシーを思わせる景観だ。湖水を挟んだ対岸は低い山が連なっているが、雲もできており、コンデイション次第では湖水を1周することも可能。これまで何度かマヌーバー訓練が行われたエリアとして知る人も多い。

テイクオフ / ランディング
 3カ所のTOは、小熊山のA-TOが南風、B-TOが北風、C-TO(メイン)が南北両風に対応しており、風向きによって使い分けられている。どのTOからも木崎湖を眼下に見おろし、南斜面からは安曇野平を一望できる。なお、A-TOは林道から20分程度の担ぎ上げが必要。LDは木崎湖湖畔の北と南に2ヶ所用意されている他、2004シーズンには大町温泉郷LDがオープンし、より気軽にミニクロカンが楽しめるようになった。さらに、緊急LDも周辺に複数用意されている。

フライトアドバイス
 木崎湖では、南北に走るメインの尾根から東に張り出す尾根を利用して飛ぶのが基本となる。南の風は安曇野の平野から素直に吹き込んでくるのに対して、北風は木崎湖の北側で一旦狭くなった谷を通過してから吹き込んでくるので注意が必要だ。安定した天候が多い5月にはビッグなサーマルが発生し、一気に3000mまで上昇することもある。もし強烈なサーマルに捕まっても、湖の上に出れば穏やかになり、安心してフライトすることができる。

■ フライトマップ

 各ポイントをクリックすると詳細情報が表示されます。赤は緊急LDで、吹流しはありませんので注意して下さい。まだまだデータが足りません。皆様からの情報提供、お待ちしております!

flightmap/flightmap.jpg

flightmap/a-to.html flightmap/b-to.html flightmap/main-to.html flightmap/main-ld.html flightmap/camp-ld.html flightmap/onsenkyo-ld.html flightmap/kashima-ld.html flightmap/jiigatake-ld.html flightmap/omachi-ld.html

※より広域なフライトマップ(紙・100円)も用意しております。クロスカントリーフライトに出られる方は、エリア受付にてお求め下さい。

■ クロスカントリーフライトの注意点

 ここで紹介する内容は、「クロスカントリー規定」の一部抜粋になります。クロスカントリーフライトをする場合は、必ずエリア受付にて、エリア管理者より最新の情報を確認してから行うようにして下さい。

 2006年4月29日更新

  1. XC証所持者の方
    XC証所持者でもエリア管理者の認証が必要です。
  2. 管理者不在時の対応
    管理者不在時は、指定区域内でフライトして下さい。
  3. アルプスフライトに関して
    救助体制が整っていないためフライトできません。管理者がいる場合は、条件が整った場合のみ可能です。詳細はエリア管理者にお問い合わせ下さい。アルプスフライト時は、必ずレスキュー装備、行動食等を持ってフライトして下さい。
  4. 五竜方面へのフライト
    佐野坂以北へのフライトは厳禁です。また、青木湖周辺のスキー場、鹿島槍スキー場等へは、一切着陸禁止とします。周辺には着陸場所はありません。佐野坂、五竜間は、救出が非常に困難な深い谷や高さ40mを越す樹林帯があり、事故発生時に救出することができません。
  5. 長野市、上田市、岡谷市方面へのフライト
    基本的に無制限です。但し管理者不在の場合は禁止とします。
  6. XC練習
    XC証に向けて練習飛行する場合は、テイクオフから半径5km以内とします。

■ サンプルコース

木崎湖縦走コース 10.0km
木崎湖一周コース 11.0km
爺ヶ岳山頂往復コース 13.4km
木崎湖一周 + 白沢天狗岳コース 18.9km
三郷村ハング往復コース 68.0km
crosscountry/jyoukuu.jpg

▲このページの最初に戻る


木崎湖フライトパーク
“Paragliding over the Alps!”